Herbier main image Herbier main image
植物原料について
選りすぐりの希少な植物

ルイ14世に仕えた植物学者ルイ・フュイエは、当時知られざる新しい植物を探し求めて世界中を旅しました。こうして持ち帰った植物を丹念に記録して国王に献上した図鑑は、近代植物学の礎となりました。

Baies Sauvages
ワイルドベリー
Schinus Granas
高級フレグランスではペッパーの代わりに使われるウルシ科のコショウボクの木の実で、抽出したエッセンスはスパイシーでさわやかな香りですが、フルーティな香りも顔をのぞかせ、魅力あふれる香りです。癒しの効果があり、北米インディアンは何世紀も前から使っています。
Litsée
リツェア
Litsea
クスノキ科の植物リツェアは、エキゾチックヴァーベナとも呼ばれ、アジアに生育する低木の熱帯植物です。主にトップノートやミドルノートに登場するレモンのようなさわやかな香りで、シトラス系の香水やコロンによく使われ、スキンケアの成分としても使われています。
Jasmin
ジャスミン
Jasminum

東洋では美しさと誘惑の象徴とされるジャスミンの花は、多くの文化において重要な役割を持っています。1圓離献礇好潺鵐▲屮愁螢紂璽箸鮑遒襪里700万個の花が必要なので大変貴重です。そのため、主に高級フレグランスの香料に使われます。ジャスミンは、甘くて濃厚な、みずみずしい香りが特徴です。

シトロン
シダーウッド
Cedar Wood
香水の世界では、シダーウッドのエッセンスは主にシダーウッドバージニア、シダーウッドテキサスから作られます。シダーウッドのチップを水蒸気蒸留して抽出されるエッセンスは、グリーンでスモーキー、そして少しウッディな香りが特徴で、時に鉛筆の匂いを想わせます。シダーウッドの香りは女性用フレグランスにも男性用フレグランスにもよく調和し、全体に品格と個性をもたらします。
カルダモン
カルダモン
Cardamomum
熱帯地方で栽培されるカルダモンは、実だけをエッセンシャルオイルの製造に使います。世界で最も高価なスパイスのひとつです。エスニックでスパイシーな、やや甘く控えめな香りは、ミドルノートによく使われます。ショウガの近縁種で、清涼感のあるスパイシーな香りは、オリエンタル系やウッディ系はもちろん、フローラル系やシトラス系の香りにもよくなじみます。
ユーカリ
ユーカリ
Eucalyptus
ユーカリはオーストラリア原産のフトモモ科の樹木です。葉の部分を水蒸気蒸留することによりエッセンスを抽出します。メントールやカンファーを思わせる清涼感のあるフレッシュな香りです。
ベチバー
ベチバー
Vetiver
インド原産の、主に熱帯地方に生育する植物。重厚で高貴な香りが特徴です。フレッシュでありながら温かみのある香りは、香水に独特の個性と深みを添えてくれます。肌の上で躍動するような、ウッディで野生的な力強さ。ハイチ産ベチバーにはさらにしっとりとした独特の香りがあります。
ネロリ
ネロリ
Citrus Aurantium
ビターオレンジの白い花から作られるネロリのエッセンスはやわらかなフローラルな香りが特徴です。ネロリとオレンジフラワーはよく混同されますが、同じ花から作られていても抽出法が異なります。ネロリには、ベルガモットとマンダリンの中間のような酸味があり、フローラル系やウッディスパイシー系の香りにもよくなじむシトラス系の香りです。
チュベローズ
チュベローズ
Tuberosa
チュベローズは、香水ではよくシンプルな甘い香りと組み合わせて使われる白い花です。濃厚でうっとりするような魅惑的な香りを引き出すために、収穫は手摘みで行われます。香りが変化するにつれ、オレンジフラワーとハニーサックルの香りがのほのかに香る、ハチミツを思わせる温かみのある甘さが香り立ちます。
ローズ
ローズ
Rosa
主にフランス、トルコ、ブルガリア、モロッコで栽培されるローズは、大変希少な原料で、ローズコンクリートやローズアブソリュートを抽出するのに300〜400圈▲┘奪札鵐垢鮹蟒个垢襪里4〜5トンの花が必要です。 濃厚で甘美な香りは香水原料として人気が高く、主にミドルノートでうっとりするようなデリケートな香りを放ちます。
ブラックペッパー
ブラックペッパー
Piper Aromaticum
ブラックペッパーは、香水の世界では欠かせない成分です。コショウのエッセンシャルオイルは、果実を乾燥させ、粉にしてから水蒸気蒸留で抽出します。スパイシー温かみがあり、時には軽やかさもあります。オリエンタル系やウッディ系のフレグランスで、グリーンを感じさせるシャープなノートが徐々に香り立ち、香水に力強さと個性をもたらします。
シダーウッド
シトロン
Citrus
シトロンは香水製造の世界では非常に人気の高い柑橘類の果実です。シトラス系の果皮を思わせる酸味のある香りはトップノートによく用いられ、はじけるような清涼感を与えます。コロンの原料としてよく用いられる、高級フレグランスには欠かせない存在です。
パルマローザ
パルマローザ
Palmarosa
赤い花をつける、高さが3メートルにもなるアジアの熱帯地方原産の植物です。ほんのりグレープフルーツが感じられるローズに近い香りは、フローラル系、アロマティック系、オリエンタル系などさまざまな香りを引き立てます。トップノートとミドルノートによく使われる、フレッシュでデリケートな香りです。
マンダリン
マンダリン
Citrus Nobilis
マンダリンは東南アジア原産のミカン科の果実です。生き生きとしたはじけるような明るさをもたらすシトラス系の香りで、トップノートによく用いられます。
ゼラニウム
ゼラニウム
Pelargonium
ゼラニウムはフウロソウ科の草本植物で、やや酸味のある冷ややかなバラのような香りがすることから、「男性のバラ」とも呼ばれています。香水には、葉と茎を水蒸気蒸留したエッセンシャルオイルを使用します。バラの香りを連想させ、ウッディ系やシプレ系のフレグランスとよくなじみますが、シトラス系やアロマティック系、フローラル系のフレグランスに使うこともできます。
シアバター
シアバター
Butyrospermum parkii
シアバターは、アフリカ大陸に天然に生育するシアーバターノキの実の中の、仁(シアカーネル)に含まれています。その優れた効果効能は今さら証明するまでもありません。保護作用が高く、保湿効果も抜群です。べたつかず、肌をしっかり保護して、しなやかで健康的な肌を保ちます。